スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tascam cd-x1700 ジャンク修理その2

レーザーダイオード交換するとなると面倒なのでピックアップユニットごとの交換です。
KSS-213Cは割と使われているので交換パーツは手に入りやすい。
今回は1200円で入手。

ビニールを剥がして・・・

パカっとな

綺麗なもんだ。レンズに触らないようにしてショートランドを解除します

コレを半田ごてとウィッカーで除去します

こんな感じ。

そもそもショートランドって何よ?って人。
これはね。輸送時のレーザーダイオードへの過剰電流からダイオードを保護する為なんよ。

はてさて、本体を分解しないとな。


矢印の位置のネジを全て外して外殻を外す。

そんでもって電源をいれてトレーを出したまま電源を引っこ抜きトレーが出た状態を保持しドライブのネジを外す
ついでにドライブ周辺のケーブルを外す事をお忘れなく

ここのネジを除去
次に持ち上げながら引き抜く


そしたらピックアップユニットが摘出出来る

四隅のネジを外してプラ板と分離

こんな感じで押し込む

こんな感じでギアを外す
(ここではプラ板と分離してないけど外しといた方がいい)

このパーツを写真で見て下方向に下げながらピックアップユニットの軸棒をふだり向きに抜く

するとこんな感じになるのであとは代替パーツと交換して逆順で組み合わせれば完了。

CD-Rが反応しているな・・・


コンソールもきちんと表示されている。
うむ。治ったな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

修理四太郎

Author:修理四太郎
壊れた機械を見つけると修理したくてそわそわしちゃう人
更新は不定期です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧者数ですぅ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。